オーディションの目的を知る

オーディションを受ける時、大事なのは、オーディションの目的を知る事です。
オーディションを主催する側の意向を知らないと、いけません。
オーディションに応募する場合、自分の応募動機があるはずです。
その動機が、主催者側と一致しているかが大切な事です。
通常、書類選考から始まり、面接になります。
書類選考時には志望動機を書く欄があります。
そこに、応募動機を書きますが、主催者側の意向に沿った動機が書かれていなければ、書類選考の時点で落ちる可能性が高いです。
応募書類を書く時は、主催者側の応募条件、選考内容に沿った、応募動機を書きましょう。

書類選考で、自分の意志が伝わり、主催者側に認められれば、面接に進む事ができます。
自分の考えと、オーディションの主催者側との要望が、マッチしている事が大事なので、オーディションの目的をしっかりと理解しましょう。
その目的を理解した上で、面接に臨めば、面接時に話す内容も決まります。

面接する側は、自分達が望んでいる人かどうかを、判断するために面接をしているのです。
つまり、今回のオーディションの目的に合った人かを、見極めているのです。
その中で、自分をその目的に合った人間として、見せる事は重要な事です。
それには、オーディションの目的を知り理解して臨む事です。
面接時には、面接官から聞かれ、自分の事を言う場合があります。
その時にも、主催者側の目的を理解した上で、話す事が出来れば、好印象になるでしょう。